ダイエットの流れ

ダイエットで大切なことは、体内の脂肪を利用して生活をすることです。そのためには食事から得られるカロリーの量を少なくすることが必要になります。摂取カロリーが消費カロリーよりも多い状態が続いてしまうことになると、いつまでたっても体内のエネルギーを使用することが出来ないために、痩せることができなくなります。そのため消費カロリーの量を増やすことが必要となるのです。
糖質制限がダイエットに効果を発揮してくれるのは、この消費カロリーの量を増やし、体内での脂肪の使用量を増やすことが可能になるからです。糖質制限では食事から得られる糖質の量を極端に制限することになります。これにより、糖質を補給することができなくなるために、体内で糖質を作り出すことが必要になるのです。体内で糖新生を行うことにより、生命の維持に必要な血糖値の維持を行うことになるのです。
糖新生においては、たんぱく質や脂肪を利用することになります。そのため食事からたくさんたんぱく質を摂取することが必要になるのです。たんぱく質が多い食事がダイエットに役に立つのは、糖新生を行うためだけではなく、食事誘導性熱代謝が糖質よりも高く、カロリーの消費される割合が高いからなのです。

Comments are closed.