Archive for the ‘未分類’ Category

食材に気をつければ間食も可能!

ダイエット中でも、間食を行うことはできます。
痩せたいときに無理して食べることを我慢してしまうと、余計なストレスを感じることになり、長くダイエットを続けることはできません。
継続してダイエットを続けるためにも、カロリーの低い間食を摂ってみるとよいでしょう。
コンビニで販売されている商品の中でも、ナッツ類や乾物については、ダイエットする時に役立ってきます。
ナッツ類には、ミネラルやビタミン、カルシウムなどの栄養が含まれていますので、ダイエット中の栄養補給としても適しています。
また、ナッツ類には油分も含まれていますので、お腹がすいたときに食べることで、空腹感を解消することができるのです。
ただ、カロリー自体は高くなっていますので、過度に摂取すると太る元となってしましますので注意しましょう。
空腹感を感じたときに、咀嚼をすると、空腹を癒せるようになってきます。
とくに乾物については、口の中に入れたときに長く咀嚼していくことになりますので、空腹を感じたときに苦痛なく過ごせるようになってきます。
コンビニにも、ダイエットに向いている商品は販売されていますので、痩せたいときには高い商品ではなく安い商品をうまく使ってみるとよいでしょう。

摂取しても問題ないお酒の種類

テクスチャー16さすがにどんな種類の酒でも飲みすぎると問題になるのがお酒ですが、適切な量なら摂取しても問題ないお酒の種類は有ります。
最近はビールでも糖質カットのお酒やプリン体カットのものやスピリッツや焼酎類なら、痛風になる恐れが先ずありません。
痛風は糖質が入ったアルコールの摂取だけではなりませんし、プリン体が入った食べ物を多く摂取した場合も発症します。
ただ酒のつまみにはプリン体が入った食べ物が多いのも事実で、つまみと一緒に糖質やプリン体が入った酒を摂取すると、余計に痛風になる確率が上がるので、酒を楽しく飲むためにも焼酎類やスピリッツなどの糖質やプリン体を気にしない酒を飲むのも痛風を避けるいい方法です。
飲まなければ危険性は低くなりますが、酒全般を飲まないようにするのが難しい人には、少しでも病気になるのを避ける意味合いでも糖質カットのお酒等で身体に気をつけながら、酒でストレスを解消するのが健全な酒の飲みかたです。
痛風は多くの場合足の痛みを伴う事が多いので、仕事jに行くのにも支障をきたします。
普段から食事にも注意が必要ですが、酒の成分や種類にも注意して飲むと、ストレス発散にもなるお酒を長く楽しく飲み続ける事が出来ます。

コンビニを活用して手軽に続ける方法

コンビニというと美容やダイエットとは無関係なイメージもありますが、上手く活用する事でダイエットも出来ます。
特にダイエットではカロリー計算が面倒だという人にはコンビニ商品の多くはカロリー表記がされているので自分で計算しなくても良いといった点やすでに出来上がった商品ばかりなので低カロリーの商品を作らなくて良いといったメリットがあります。季節商品でおでんなどは大根やこんにゃくなどローカロリーで満腹感を得られる商品も多くあるので注目したい点です。
また、脂肪燃焼を促進したり、栄養豊富で腹もちがいい食材にチーズがあります。単品で食べれる商品でもあるし、パンや他の商品にトッピングして食べる方法もあります。チーズもコンビニにおつまみタイプのものやとろけるタイプの物まで種類を揃えているのでその日の気分によって上手く食事に摂り入れると良いでしょう。
その他にもプライベート商品としても確立されている健康に良い糖が少ないふすまのパンやローカロリー商品としてゼロカロリーのゼリーも売られています。これまでの「近くて便利」の他に最近では健康志向の商品も多く販売されるようになり、健康的な商品を扱う近くで便利な店に変わってきています。

糖質制限とアレルギーの関係について

テクスチャー15炭水化物や糖質などを抑えて野菜やたんぱく質を中心に摂る食事療法として知られる糖質制限食。この実践は、糖尿病などの生活習慣病やダイエット効果だけでなく、花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患などにも効果があるといわれています。実際に、糖質制限食を花粉症などのアレルギー疾患の治療に活用している医療機関もあります。
このメカニズムについては多説あり、明らかにはされていませんが、糖質制限食の実践によって自然治癒力が高まりアレルギー症状を鎮めるという説があります。脂肪に変わりやすい糖質を抑える食事を習慣化することで、体内に脂肪が蓄積するのを防ぐだけでなく、体内にある余分な脂質を効率よく燃焼させようとする体内作用を促します。その結果、動脈硬化のリスクを高めていた要因が薄まり、血管の状態がよくなるのはもちろん、血液がサラサラになって全身をなめらかにめぐるようになります。血行が良くなることは自然治癒力の強化につながるので、結果として花粉症などの症状を抑えることもできるというわけです。
このほか、糖質の過剰摂取により副腎皮質に大きな負担がかかっていたのが、糖質を制限することで血糖値が安定して副腎皮質の負担が軽減され、体全体のバランスが整うという説もあります。

オススメの食材

運動と合わせて食事のダイエットを行うなら、ただ、食べる量を減らすのでは無く
食材を厳選することも大切です。
お肉なら、脂身の少ない赤身の牛肉や低脂肪の鳥のささ身や胸、豚ならモモなどと言う様に
しっかりと選んで食べると、量も割りと多めに食べても大丈夫です。
魚はしっかり食べてもカロリーが少ないので積極的に食べると良いです。
きのこや海藻などは、ノンカロリーですのでどんなに食べても大丈夫です。
夜にどうしても空腹で耐えられない時は、ワカメやキノコをさっと茹でたものにポン酢などをかけたものを
食べるだけでも充分満足感が得られます。
ダイエットは、とにかく食事の量を控えようと思いがちですが、
糖質や脂質をカットする事を心がければ食べる量を気にしなくて結果がでます。
食べる順番なども意識して、まずは海草やきのこのサラダなどをしっかり食べて満足感を得るようにして
メインのお肉やお魚などを食べるとストレスも感じることがありません。
健康的に、無理の無い方法を選ぶことで、長くダイエットを続ける事が出来て結果を出すことが出来ます。
せっかく痩せても、ダイエットの反動で、結局食べてしまい、元の体重に戻ってしまう人は
是非この方法を試してみてください。
健康に良いものばかりなので、お肌の調子もよくなります。

糖質を多く含む食材とは

テクスチャー14ダイエットをする際の食事療法として、糖質制限があります。糖質というと、ケーキやまんじゅうなどの甘いおやつばかり気にしがちですが、炭水化物を多く含む主食にも目を向けなければいけません。
もちろん、全く糖分を取らないというのはよくありません。脳のエネルギー源は、ブドウ糖であるため、完全に除去してしまうと頭に栄養が行き届かないからです。
そして、主食の量を減らすこともわかっている人でも、更なる落とし穴が待ち受けています。それが、糖質を多く含む一見ダイエットによさそうな食材です。代表的なものとして、イモ類と果物が挙げられます。
イモ類は、熱に強いビタミンCや食物繊維などが豊富ですし、果物もビタミンCをはじめとする各種ビタミン・ミネラルが豊富です。しかしこの二つの主成分は炭水化物です。もちろん、よい栄養素が含まれていますので、適量ならダイエットにおすすめな食材となりますが、食べ過ぎは厳禁です。
これらを上手く取り入れてダイエットをするには、その他の炭水化物を減らす、おやつとして取り入れると言う方法があります。例えば、芋ご飯にして米の量を減らす、間食をみかん1個にする等です。同じ量なら、主食となるご飯やパン、麺類よりも腹もちもいいですしボリュームもあるでしょう。

悪い点について

体脂肪が減り、体重が落ちてダイエット効果がある糖質制限ダイエットは、血糖値の上昇を防ぐので糖尿病などの成人病対策に良いとされています。また、カロリーを気にすることなく、糖質だけを控えればよいので、続けやすく、効果が高いダイエット法としても知られています。
糖質制限食は、パンや麺類、ごはんなどの主食を極力控えたり、ケーキや大福などの甘いお菓子を控えるなど、血糖値を上げないようにするので、満腹感が得られにくかったり、満腹感が続かなかったりして、食べているのに満足できない、おなかいっぱいの感覚が薄いことが悪い点です。次第に慣れてくるのですが、最初は物足りなさを感じるので、ついごはんやラーメン、お菓子をたくさん食べてしまい挫折することもあります。
また、主食を食べずに、おかずを多く食べるので、食費がかかることも悩みの種です。肉や魚をたくさん食べても良いので、ステーキとからあげと、焼き魚にサラダでもよいのですが、毎日は食費がかさんで大変です。糖質制限に良いふすまパンなども、普通のパンと比べると割高です。上手に卵や糖質が少なくて、食費が安いサバ缶、シーチキン、鶏肉などを安くておいしい材料を選んで、ワンパターンにならないように工夫することが、糖質制限ダイエットを続ける秘訣かもしれません。

良い点について

テクスチャー13糖質制限は、炭水化物などの糖質を極力控えさえすれば、何を食べても良いところが良い点です。主食をやめて、おかずを食べることや、お菓子をやめて、チーズやからあげなどをおやつがわりに食べことなど、たくさん食べても大丈夫なので、続けやすいのが特徴です。内臓脂肪を減らし、血糖値が上昇しないようにするので、成人病に効果があると言われています。実際に、続けると、体調が良くなった感じがするので、続けられるという人も多いです。
働いている場合など、日中の食事が外食だったり、一人暮らしで、外食が多くても、メニューの選び方のコツさえつかめれば、簡単に続けることができます。コツは、主食を食べないことです。ごはんやパンを注文しなければ、良いだけなので、物足りなければステーキでも焼き魚でも、卵料理でも、好きなおかずをもっと注文して食べてしまっても良いのです。どうしても麺類が食べたければ、ラーメンの野菜大盛り、チャーシューを別に頼み、麺を一口かふた口にして残すと、ラーメンを食べた満足感は得られます。パスタやサンドイッチなどは控えた方が良いですが、もし食べてしまっても、また気持ちをリセットして糖質制限を始めると、体重はすぐに戻ります。大切なのは続けることなのです。

ダイエットの流れ

ダイエットで大切なことは、体内の脂肪を利用して生活をすることです。そのためには食事から得られるカロリーの量を少なくすることが必要になります。摂取カロリーが消費カロリーよりも多い状態が続いてしまうことになると、いつまでたっても体内のエネルギーを使用することが出来ないために、痩せることができなくなります。そのため消費カロリーの量を増やすことが必要となるのです。
糖質制限がダイエットに効果を発揮してくれるのは、この消費カロリーの量を増やし、体内での脂肪の使用量を増やすことが可能になるからです。糖質制限では食事から得られる糖質の量を極端に制限することになります。これにより、糖質を補給することができなくなるために、体内で糖質を作り出すことが必要になるのです。体内で糖新生を行うことにより、生命の維持に必要な血糖値の維持を行うことになるのです。
糖新生においては、たんぱく質や脂肪を利用することになります。そのため食事からたくさんたんぱく質を摂取することが必要になるのです。たんぱく質が多い食事がダイエットに役に立つのは、糖新生を行うためだけではなく、食事誘導性熱代謝が糖質よりも高く、カロリーの消費される割合が高いからなのです。